黄金比率

Understanding the Fibonacci Sequence and Golden Ratio
フィボナッチ数列と黄金比率を理解する
http://www.wakingtimes.com/2014/05/30/understanding-fibonacci-sequence-golden-ratio/

1Fibonacci-number-games-300x181

フィボナッチ数列

フィ ボナッチ数列は、自然の中で起こっている最も単純な漸化関係(何度も起こる関係)です。それは0、1、1、2、3、5、8、13、21、34、55、 89、144・・・で、それぞれの数字は、その前にある2つの数字の合計で、そしてその後ろにある2つの数字の差と同等です。それは無限の数列で、それが 発展する際に永遠に続きます。

黄金比率/神聖な比率または黄金の平均

あらゆるフィボナッチ数字と、その前者との比率はファイに近づき、黄金比率であるφ(1.618) として表されます。黄金比率は、黄金の四角形によって最もよく幾何学的に理解されます。一つの正方形と一つの四角形へと結果する様に、不平等に分離された 四角形において、正方形の辺の比率は1:1で、そして新たな四角形と、元々の四角形の比率は正確に - 1:1.618です。

この反復は両方の方法で、無限に続く事が出来ます。もし貴方が、それぞれの反復の際に、それぞれの正方形の中に円の4分の1を描けば、黄金の螺旋が形成されます。黄金の螺旋は、恐らく、カタツムリの殻、貝殻、角、花、植物と言った自然の中に起こる数学的パターンの最も単純なものでしょう。数字は、量的な情報を私達が組織化するために使う唯一のものです。

2golden_ratio_spiral_galaxies

黄金比率はオウムガイの殻から、螺旋している銀河まで見る事が出来ます

黄 金比率は、円、三角形、ピラミッド、プリズム、そして多角形を含む、あらゆる幾何学的な形状の数字にも応用出来ます。黄金比率は3分の1の中の3分の1で ある6分の1、全ての偶数と奇数自体を含む、2と3の間の関係によって形成されています。その比率自体は数字の超越性を表し、私達の世界の理解は数字では 無く、数字が表わすものです。螺旋を通して、その比率は、どの様に数字が全て量であり、質であるかを描写します。最終的に、全ての質は量を通して表される 事が出来ます。質的そして量的性質は唯の情報のラベルで、私達の集められた否定出来ない事実です。

ひまわりは、黄金螺旋の種の配置を有します。これが生物学的な優位性を供給するのは、それが種のベッドにパックされる事の出来る種の数を最大化するからです。

も し貴方が何らかの数字のシステムを図表化すれば、最終的にパターンが浮かび上がります。数学において、数字とそれらのパターンは無限に直線的に続くだけで なく、全ての方向に続きます。例えば、無限の十進法の延長を考えた時、最も短い部分でさえ、無限の量の点を有しています。(e.g.1mの中の1cmの中 の1mmの中の0.1mm・・・)

私達の宇宙と数字は無限に直線的に行くだけで無く、その短い部分でさえ無限の点を有しています。(i.e.反空間)

自然におけるフィボナッチ数列についての美しい短い画像

黄金比率は、無限に届く唯一の数学的なパターンでは無く、無限に届くパターンは他にも沢山あります。これを知った上で、貴方自身に尋ねてみて下さい、どうの様に無限が2度も起 これたのか?と。もし何かが無限的に起こったなら、どうそれは2度も起こる事が出来たのでしょう?その答えは簡単で、無限は永遠のものを表し、真に全体の ものを表すからです。例えば、もし無限が、その他全ての数字の様に数学において変数として使われたら、それは1∞、2∞、3∞、4∞等々と表されるでしょ う。

事実の全ての統一性(Oneness)は、貴方が知るものは、貴方が知覚するものは、貴方が気付くものは、それ自体を見ている宇宙の全てです。これが宇宙(大宇宙)で、貴方でさえ宇宙(小宇宙)で、私達と、私達が知る全ては、全て同じものです。(エネルギー/波)

数字は何処にでもあるので、全てはパターンの一部です。反映の反映で、歯車の中の歯車です。生命自体がフラクタルです。

(エジプトの「人の寺院」についてのもう一つのビデオは、宇宙における生命の根底にある原則の表現と、バランスされた有機的拡張のフィボナッチ数列の象徴的表現です。)