人の五感を超えたオクターヴ

磁気的なフィールド(磁場)のインダクタンス(誘導)とダイエレクトリック・フィールド(誘電場/静電場)のキャパシタンス(静電容量)の計算に関して、次元的な関係を確立するためには、メトリカル(メートル的/測量的/ビートのリズム的なパターン)な次元の関係がエーテルに応用されなければなりません。しかしながら私達は、エーテルについての質量的な事は本当に殆ど何も知りません。J.J. トムソンN. テスラ、G. レ・ボン、W. クルックス、そしてメンデレフと言った名前はどれも、電気的な技術開発者の、エーテル概念の理解に重要な役割を持っています。エーテルの超繊細なガスとしての物理的な表しの資質性は確立され、このガスは、元素の省略されていない周期表(元素表)の「水素以前のシリーズ(グループ)」に関係します。現在知られている周期表の、超ウラン(トランス・ウラニウム)シリーズは、一つの類推的な例です。

水素以前のグループ(1-3オクターヴ)
2 octive

このガス的なエーテルは、その極化の行程を通した、電気的な現象が起こる場所です。この極化は、インダクション(誘導)を派生させ、それはそれから蓄積されたエネルギーを発生させます。テスラは、彼の「高いポテンシャル(効能)と高いフリクエンシー(周波数・振動率・頻度)の交流の実験」の中で、彼のエーテルの良い実証をしています。前章で挙げられたプランク(Plank)、Qは、「極化されたエーテル」を定義する主要で次元的な関係とし、これを「電気の原子」とします。それはしかしながら、J.J. トムソンの見解において、クーロン(Coulomb)、プサイ(Psi)で、総合的なダイエレクトリック的な誘導は、「極化されたエーテル」を定義する主要な次元とされます。トムソンは、M. ファラデーの「エーテル原子」のアイデアを、彼の「電気の微粒子/小体(コープスクル)」に発達させ、これは分割不可能な単位です。1つのコープスクルは、力のファラデー的なチューブ(真空管?)を1つ1つ(one one/タイプミス?)終了させ、これは1クーロンとして測量されます。このコープスクルはエレクトロンでは無く、それは今日、エレクトロンとして知られるものの成分・要素です(This corpuscle is NOT and electron→NOT an electronだと思います)。(トムソンはエレクトロン毎に1,000コープスクルを関連させています)W.クルックス、J.J.トムソン、そしてN. テスラによって取られたこの見解において、カソード(cathode)の光線はエレクトロンでは無く、実際にエーテルのコープスクルです。弁護士の様な今日の理論物理学者の技は、人間の記憶からこの理解を消去し、それは以後、アルバート・アインシュタインという宗教によって封印されました。もしアインシュタインと一致しないと、するとそれは不可能です。何と好都合な器でしょう。

しかしながら、電気的な技術開発者として私達には、アインシュタインやら、エーテルの規則についての酒場の喧嘩など、関係ありません。ロサンジェルスの街は電気を必要としていて、私達の仕事はそれを安全に届ける事です。これをどう達成するかは、誘導(インダクタンス)と静電容量(キャパシタンス)の理解から始まります。これらは誘導の磁気のフィールド(磁場)のエネルギー蓄積の係数/率を表し、この誘導(インダクション)は順にエーテルの特質です。磁気的な誘導は故に、エーテルの磁気的な特質の次元的な関係であり、ダイエレクトリックの静電容量は故に、エーテルのダイエレクトリック的な特質の次元的な関係です。インダクタンスとキャパシタンスは故に、エーテルの特定で、ぞれぞれの特徴へのメトリカルの次元的な関係の応用です。

磁気的な誘導のためのエーテル的な関係は、磁気的な「浸透性/透磁率」として知られ、ダイエレクトリックの誘導のためのエーテル的な関係は、ダイエレクトリック「(絶対)誘電率」として知られます。これらの2つの用語は、オリヴァー・ヘヴィーサイドによって名づけられました。此処で透磁率はムー(Mu)として表示され、誘電率はエプシロン(Epsilon)で表示されます。これらの2つの関係はそれぞれ、「磁気的な誘導性」と「ダイエレクトリック的な誘導性」を表しています。次元的な関係のこの対、ムーとエプシロンは、電化させられたエーテルを結びつけている金属製のダイエレクトリック的な幾何学(i.e.立体性のコイルなど)によって定義されたメトリカルの次元的な関係と連動して、誘導(インダクタンス)と静電容量(キャパシタンス)の次元的な関係を成します。故にインダクタンスとキャパシタンス、L と C は、それら自体の中で、そしてそれら自体が、メトリカル的で次元的な関係です。それらが構成するのは、substancive 的(自立的?)な次元でも、実質的な次元でもなく、メトリカル(測量/韻律的)です。

ダイエレクトリック的な誘導の substanctive 的な次元の関係は、クーロンの、プサイで表され、ファラド(Farad)において、静電容量のメトリカル的な関係、C、と融合させられ、静電ポテンシャルの混ぜ合わせの次元的な関係を発生させ、ボルトにおける、e で表されます。

(1) Coulomb, Psi, substantial
クーロン、プサイ、実質的
Farad, C, metrical
ファラド、C、メトリカル
Volt, e, compound, substantial and metrical.
ボルト、e、混合、実質的とメトリカル的です。

ファラドはクーロンの上に「機能(Operate)」し、ボルトを派生させます。

同様に、磁気的な誘導の substancive 的な次元の関係、ファイ(Phi)は、ウェバー(Weber)において、インダクタンス、L の、メトリカル的な次元の関係と混合され、ヘンリー(Henry)において、磁気的な運動の力の混合な次元の関係、I を派生させ、アンペア(Ampere)において表されます

(2) Weber, Phi, substantial
ウェバー、ファイ、実質的
Henry, L, metrical
ヘンリー、L、メトリカル
Ampere, I, compound, substantial and metrical
アンペア、I、混合、実質的とメトリカル

ヘンリーはウェバーの上に「機能」し、アンペアを派生させます。

静電容量の要素としての誘電率と、誘導の要素としての透磁率は、金属製のダイエレクトリック的な幾何学(コイル,etc.)によって結ばれた/縛られた媒体の要素を体現しています。エーテルにおいて、または10- C オイルにおいてであれ、ムーがこの媒体の磁気的な単位を現し、エプシロンがダイエレクトリック的な単位を表します。此処で注目されるべきは、電気的な活動はダイエレクトリック的な媒体の中だけにあり、それを結ぶ/縛る幾何学的な金属部分(コイル)の中では無い事です。再び、J.C. マックスウェルの基本的な理論です。
http://chilledvodka.blog.fc2.com/blog-entry-245.html

XXXVIII The Nine-Octave Periodic Table of the Elements
要素(元素)の9音階の周期表

98.今日の元素周期表は、アイソトープ(同位体)と不活性(inert)なガス(気体)を含む92の要素(元素)をリストします。要素(元素)としてリスト化された多くは、アイソトープで、それらは分離化された破片的(fractional)な要素(元素)です。

私の周期表は、63種の元素、49種のアイソトープ、そして9種の不活性なガスをリストし、合計を121種にします。

1 PeriodicTableHighRes

自然の観点から見ると、其処には一つの元素 - 炭素 - そして一つの形状 - 立方体-球体(CUBE-SPHERE)しか存在しません。

炭素は、そのウェーヴ・フィールド(波/周波数の場)の形状において結晶化し、それは真の立方体です。そのシステムの中核は、真の球体です。そのシステムの平面(plane)は、その波の軸から90度で、その回転の極から90度で、そしてその南北の極から90度です。炭素の原子システムの形は、163ページの図131に表される様にディスクです。炭素システムの全ての惑星の軌道は、炭素の赤道の平面の上で、そしてその赤道は、その波の振幅(amplitude)の平面上です。

炭素は故に、体におけるバランス化された形状と、バランス化された性別の結合(sex mating)における統合を体現します。それは一つの赤道しか有しません。波の振幅の上に無い全ての要素(元素)は、3つの赤道によって分離された非統合な対です。それぞれの単一の元素は、それ自体の赤道によって、それ自体が分離され、そしてそれぞれの対は波の振幅の赤道によって分離されます。

99.炭素は自然における婚姻のアイデアを象徴化します。その一つの赤道は、その統合の絆/結びつき(bond)です。それは既に対では無く - そしてそれは自然において婚姻が何を意味するかで、そしてそれは、人の婚姻の実施において何を意味するべきかです。分離化された対は、対峙した性質を有します。対のマイナス(陰/女性)は、金属的なで - プラス(陽/男性)は金属的なアルカリです。全てが伝導的なのは、伝導性がバランスのための探求であるためです。

バランス化された統合性は、酸性、アルカリ性、金属的な質、そして伝導性を無効化します。それらの性質を排除する事で、炭素はに成り - それが意味するのは、石の質を持つミネラルです。

ナトリウム(ソディウム)と塩素の様な、非統合的な同等で対照的な対が「婚姻/結合」された時、それらは塩化ナトリウムとして統合された瞬間に、それらは同様に、3つの代わりに1つの赤道を有します。それらは同様に、それらの金属的、酸的、アルカリ的、そして伝導的な性質を失い、そして真の立方体(cube)として結晶化します。

自然におけるアンバランス化された婚姻/結合の例は、ナトリウムとヨウ素、またはナトリウムと臭素の結合です。それらの結合のそれぞれは、安定性を有しますが、歪められた立方体の結晶において証明された、それらのそれぞれにおける、アンバラスの名残があります。それらのそれぞれは同様に、塩素が現れなければ、調和的な結合として続きますが、その(塩素が現れた)場合、自然は直ぐに塩素を優先して、その結合を無効化します。

100.炭素は全ての元素の中で最も高い溶解点と最大の密度を有します。これが意味するのは、炭素がまた、時間のサイクル(周期性)を更に蓄積したために、全ての元素の中でより頑丈である事です。それが同様に意味するのは、炭素が全ての元素の中で最も非-放射的で、何故なら放射性は派生運動(generoactivity)と放射運動(radioactivity)が出会う、反転の地点において最も強いですが、唯一波の振幅における外向きの爆発(放射)によってそれ自体を表し始めるためです。

私達が、人の観点を自然のものと統合する事を望み、元素の9オクターヴのサイクルをとても簡単に描写するのは、自然の観点からです。

101.運動の2方向のバランスされた効果の、この電気的な宇宙の最も顕著な特徴の一つは、マインド-アイデアを体現するための成熟した体の形状の、サイクル的な解きほぐし(展開)と、それらの全てのアイデアの源泉への再折り畳み(閉開)です。

成熟化された形状の体は、プラスとマイナスの対における4つの効果の一連によって展開されます。同様に、それらは、類似した対における4つの効果の反転によって再閉開されます。

102.展開と閉開をするための自然におけるそれぞれの効果は、成熟し分極化された体の形成に向かい、そしてその種-アイデアに向かって離れる、内向き-外向きの成長の段階です。

全てのオクターヴの4番目のプラス-マイナスの対は、一つとして統合されます。(154ページの図87、159ページの図114参照)。

それらは、それらの波の振幅において一つとして統合し、それは全ての波の先において重力の中心に直接向きます。それらの2つの統合された効果は、考えられたアイデアの成熟した体の形状を構成します。

それらは生と死が出会う地点で - 派生と放射を分離する静止の反転の地点です。その出会いの地点がそのサイクルの全体の、最大の密度、最高の溶解点、そして最高の効能(ポテンシャル)の地点です。

それにおいて統合された対は、一つの要素(元素)の成熟された体で - 炭素です。

自然における全ての完成されたアイデアは、9つの効果 - または段階 - によって表現され、それらは8つのオクターヴの波に加えて、その9オクターヴのサイクル全体の、成熟されて中心化されている振幅の波です。

103.元素のそれぞれのオクターヴは、丁度、木がその種から育つように、その不活性なガスから育ちます。その不活性なガスは、そのオクターヴにおいて以前に起こった事の全てを記録し、蓄積します。

104.メンデレエフの元素周期表において、水素は不活性なガス無しで表記されています。これは、両親無しで子供を産出する程、不可能です。

水素はまた、そのオクターヴにおける唯一の元素として表されています。これもまた、電池の2つの極の1つだけに蓄電する程、不可能です。

105.水素は1つの元素では無く、8つです。それは、それ自体において一つのオクターヴの全体ですが、自然は、これを簡単に人の五感で探知出来にくくしました。

何年も以前に、私がこの事実を科学界に説明した時、それは研究を行い、このオクターヴのその他のトーン(音)を発見し、それを誤ってアイソトープと呼びました。科学が発見したのはアイソトープでは無く、フル・トーン(全音)です。科学は、しかしながら、それら以外には何も無く、それらをアイソトープと呼ぶ以外選択肢が無いと言う前提から、元素に1から92までの番号を付けました。

106.メンデレエフの元素周期表において、5-7-10-11そして12の一連は不活性なガス無しで、完全なオクターヴに成る事無く表記されています。それらの一連はまた、それらが属さないグループに配置されたアイソトープと共に部分的に満たされています。また、8番にされたグループは、それらの完全な番号が与えられた9つのアイソトープに構成されています。実際に、全てのアイソトープは、あたかもそれらが全音の様に番号が付けられています。

107.アイソトープは自然において、第6オクターヴに成るまで現れず、その後もプラス3と4、そしてマイナス3と4の間においてのみです。より古いオクターヴの一連においてそれらが数において増えるのは、何故なら古く成っている炭素は、それらのどちらにおいても真の球体に成る事が出来ないためです。そう成るためのその試みの多くは、多くのアイソトープを産出する事に結果します。

長い時間の間、その人の活力を保つ、完全に成熟した人の様に、炭素は非金属としてのシリコンにおいて振幅へと再び台頭しますが、その後、徐々の放射性の減少の上で、波の振幅において、もう一つのバランス化された非金属が現れる事を不可能にします。

108.第5オクターヴは、自然の表現の全てにおいて、自然が要求する9つの、バランスしている1つです。それは成熟化された活力のオクターヴです。4つの、より古いオクターヴが、私達の五感に完全に明らかなのは、それらが時間のサイクルを蓄積する事によって密度を蓄積したためです。4つの、より若いオクターヴが、その(第4)オクターヴの唯一の元素として表記された水素の例外を除いて、私達の五感の範囲を超えます。

それらが自然において存在するのは、自然がバランス化されているためです。それは、より古いもの(4オクターヴ)に対抗バランスするために、4つの、より若いオクターヴを有さなければなりません。

私が以前にも述べた様に、人はその人が感じる事が出来ない物事の多くを知る事が出来ます。人は故に、自然の分極化の原則におけるバランスが、自然の対化された効果の全てにおける分別化の同等性を要求する事を知っています。

この事実が唯知られる事だけでなく、その真実に納得する事が必用なのは、しかしながら、それが、スペクトルの線のそれらの始まりから元素の歴史を読む事によって証明される事が出来る為です。水素のスペクトルにおける赤い線は、一つのオクターヴだけに帰属しません。それぞれの赤い線は、もう一つの目に見えない線を伝えます。スペクトルの線は、あらゆる読解の全ての線が、あたかも一つのオクターヴの一つの元素に帰属するとしてでは無く、歴史における蓄積した時間として読まれるべきです。

3 octaves

109.スペクトルにおけるそれらの赤い線の間の間隔のための理由は、それらが一つの元素の圧力を体現するためでは無く、それぞれの一連的なオクターヴが密度において増加するためで、それはまた時間の一連を歪めます。

この原則の反対が、無極化している体において当てはまります。あらゆるサイクルの放射的な半減の上の無極化している体は、凄まじい速さにおいてそれらから時間の蓄積を投影(放射)します。ヘリウムとその他の不活性なガスは、タングステンから、ほぼ光速の半分で外に向かって爆発し、その間、類似した「光線」は、ほぼ光速で、ラジウム、アクティニウム、ソーリウム、ウラニウム、そしてウリディウムから外向きに爆発します。

対照的に、派生運動(generoactive)的な光線は、最初の3つの目に見え無いオクターヴにおいて、凄まじい速度で内側に向かって爆発(爆縮)します。アルファ線、ベータ線、ガンマ線、そして「宇宙的」な光線は、それらと、より古い不活性なガスが退化/老化している、眼に見える物質から外側に向かって爆発する際に、眼に見えない派生している物質の中心へと、内側に向かって爆発します。

ときほどかれる物質の種のパターンを形成する9つの不活性なガスは、それらの運動、または目的を理解しない観測者を困惑させます。不活性なガスの、元素と融合する事への拒否は、常に解決する事の出来ない謎でした。

第6オクターヴにおけるスカンディウムと、第7オクターヴにおけるヒ素の後、コバルトを産出するためには、5つの別々の効果が必要です。そのコバルトの段階において炭素は未だに凄く強い体ですが、コバルトは真の球体では無く、その波のフィールド(場)は真の立方体でもありません。この理由のためにコバルトは金属的で、そしてロディウムとルテシウムのオクターヴにおける炭素のプロトタイプもそうです。

当然、セリウム、ソーリウム、タングステン、そしてその他多くのその様なアイソトープもまた、引火性の様な、多くの方法において、水素へのそれらの直接の関連性を表します。

炭素自体も水素とのその一致性の多くの証拠を与えます。全ての化学者は、炭素が全ての有機的、無機的物質の土台にあり、そして炭化水素の調合物がその他のコンビネーションのどれよりも、自然において数多くある事を知っています。

酸によって影響された時、肉は炭素の残骸を残します。炭素は、地球内の石炭の堆積と焼けた木の木炭において証明される様に、全ての植物の生長と同時に動物の土台です。

同様に、炭化水素が酸にもアルカリにも反応しないのは、元素が真の立方体の波の場において重力の完璧なバランスを見つけた時、酸とアルカリがその元素において無効化されるためです。

炭素は、その必要条件を完璧に満たす、唯一の元素です。水素は、とても近くまでその条件を満たすので、炭素と融合された時、酸、またはアルカリによる反応から免疫されます。

これ等の事実が引用されたのは、治金学者と化学者が彼等の考え方を、多くの別々の実質のアイデアの上よりもむしろ、物質の成長-退化、または生-死の原則の上に土台付けする様にするためです。

9つのオクターヴのサイクルの全体を、派生運動的な半分と、同等な放射運動的な半分である、その2つの対峙へと分別する事によって、変格のための包括的な土台が、一つをもう一つへ変格するために、エレクトロン(電子)を外したり加えたりする現在の概念と入れ替わるでしょう。

変格の時代は、人の変格を通してのみ訪れ、そして人の変格は、新たな知覚を通して「人のマインドを新たにする」事によってのみ到来します。意識の夜明け以来、それはずっとそうで、そしてこれからもそうでしょう。

変格している本質の新たな知識が民族(人類)に浸透すると常に、世界の文化の基準が向上します。イタリアのルネッサンスの芸術は、7世紀に及ぶ暗黒時代から、人類を変格させました。自然の法則の新たな知識は、ゆっくりと人から迷信を無くさせています。

スピリット的な知識は、人のジャングルの知識から、人類を一歩、一歩、変格させました。科学的な解明はまた、10世紀を超えて忘れ去られていた後に、地球が丸い事が早期の哲学者達によって再発見されて以来、一歩、一歩、人を変革しました。

人は、それが宗教的、哲学的、科学的、または芸術的であれ、新たな知覚からそれぞれの変格において異なって考えます。考え方の新たな基準から、人のもう一つの種が台頭します。

黄金比率とオクターヴ
3 tumblr_lxdgejqwpc1qgphn0o3_1280
http://chilledvodka.blog.fc2.com/blog-entry-428.html