ヘルメスのエメラルド・タブレット

英知の声を聞きなさい、おお、人々よ、
アトランティス人、トート(ヘルメス)の声を。

私は、このサイクルの時間と空間から集められた
私の英知を無償で貴方に与えましょう;
神秘の主人、朝の太陽(ホルス)、
永遠に生きる、の子供、
明るさと共に輝いている、朝の星、

人々の先生、トートは全て
随分昔に、私が子供であった頃、
ずっと前に埋められたアトランティスの上の
星々に下に横たわり、
人々の遥か上の神秘を夢見ていました。

すると、私の心の中で、星々に繋がる道を
理解しようとする大いなる熱望が育ちました。
毎年、毎年、私は英知を求め、
新たな知識を探し、終に私のが、大いなる苦労の中で、
その縛りから解き放たれ、跳ね出しました。

私は地上の人々の縛りから解放されました。
肉体から自由に成り、私は夜を通して閃光しました。
私のために、終に解かれたのは、星の空間でした。
私は夜の縛りから自由でした。
其処から空間の終わりまで、
有限の人の知識を遥かに超える、
英知を私は探しました。

宇宙の遠くへと、
光りの無限の輪へと、
私のは自由に旅しました。

奇妙にも、知識を超えてあったのは、
人々の夢を超えた、大いなる、巨大な惑星達でした。

ですが私は、その美の全てにおいて、
人々の間を通して、そしてその中で機能している
(宇宙の)法則を見つけました。

私の魂は無限の美を通して閃光し、
宇宙を通して遥か、
私は、私の思考と共に飛びました。

私は、其処の美の惑星の上で休みました。
調和の緊張が空気の全てを満たしました。

其処にあった形は、(昔からの)秩序において運動していて、
夜の星々の様に大きく雄大でした;
調和において配置され、均整に秩序化され、
宇宙的な象徴は、法則です。

私の旅において、私は多くの星々を超え、
多くの民族の人々を超え;
その幾らかは、朝の星々程、高度に届き、
その幾らかは、夜の暗さ程、低く落ちました。

そのそれぞれ、そして全てが、進歩しようと苦悩し、
高さへと前進し、深さへと堕落し、
明るさの領域における時に動き、
暗闇を通して生き、光を会得しました。

おお、人よ、は貴方の遺産であると知りなさい。
暗闇は、覆いでしか無い事を知りなさい。
貴方の心に封印されているのは、
理解する自由の瞬間を待っている、
夜の覆いを引き裂く事を待っている、
永遠の明るさです。

その幾らかは、エーテルを理解しました。
彼等は人々なのに、彼等は空間から解放されました。
全ての物事の基礎である力を使い、
彼等は空間の遠くにおいて惑星を構築し、
全てを通して流れる力によって引き出し、
エーテルを形状へと濃縮し、融合し、
彼等の意とするままにそれは育ちました。

科学において超越し、彼等は、全ての民族の中で
英知に卓越した、星々の息子達でした。
長い間、私は立ち止り、彼等の英知を見ていました。
彼等がエーテルの中から巨大な薔薇と黄金の
街を創造するのを見ました。
全ての物質の土台である、
最初の物質から形成出された
エーテルが遠くへ放出されました。

遥か昔に、彼等はエーテルを理解し、
苦労の縛りから彼等自身を自由にし;
彼等のマインドの中でその絵だけを描き、
素早く創造し、それは育ちました。

そうして前へと、私の魂は急ぎ、
宇宙を通して、新たなものと古いものを見て;
人が正に宇宙生れで、
太陽の太陽で、
星々の子供であると学びました。

おお、人よ、貴方が何処にいようと、
正に星々と一つである事を知りなさい。

貴方達の体は、中心の太陽の周りを
回っている、惑星以外のものではありません。

貴方が全ての英知の光を会得した時、
貴方はエーテルの中で輝くために自由に成り –
外宇宙の闇を照らす太陽の一つ –
光りへと育つ、宇宙生まれの一つに成ります。

星々が、時間と共にそれらの眩しさを失う様に、
大いなる源泉の中で、それらから光が放たれ、
故に、おお、人よ、その魂は前に向かい放たれ、
夜の暗闇を後ろに残します。

貴方は、始まりのエーテルから形成され、
源泉から流れる素晴らしさと共に満たされ、
周りに融合されたエーテルによって結ばれ、
それが解放されるまで、それはともし火を続けます。

私は、時空を通って旅し、
私の魂が終に自由である事を知り、
私が英知を求める事が出来る事を知りました。
終に、私が知識から隠され、
英知に知られていない
私達が知る全てを超えた延長の
領域に、私が届くまで・・・
トート(ヘルメス)のエメラルド・タブレット(宇宙生まれの章)より
http://www.bibliotecapleyades.net/thot/esp_thot_1e.htm#tablet%204