ステインメッツからピタゴラスへ、時を遡って 

実質的レベルで、これは何故に、ニコラ・テスラのアイデアが、近代的な考え方で全く理解出来ないかの理由です。「現代の考え方」では、テスラは「頭の中が少々おかしい」と当然の様に取られますが、これが何故なのかというと、彼は生活における行動を3で割れる数字で習慣づけた ためです。彼の無言の追放の期間の彼の「避難部屋」のルーム・ナンバーは3327でした。このスリーダム(三元性・三位一体)は、ヨハナス・ケプラーに とっては、全く変に聞こえなかった事を熟考するのはとても重要です。ケプラーの時代以前に、数字3の力についての全章(一つの学問)が書かれました。加え て、ニコラ・テスラは、ケプラーがその数世紀前に幾何学を教えた正にその土地,グラーツでクラシクス(古典)の教育を受けました。此処は、ケプラーが太陽系 の数学を発見した場所です。これは、テスラがどうやって彼の信じがたい創造的な力を発達させたかを説明します。テスラは、彼のマインドの中で、宇宙的なレベルから地球的なレベルへ、g から Γ (ガンマ)へ、直接的に変換する能力を得て、機能する機器の物質的な現れへと結果させました。彼の目的を遂行する能力は、古代エ ジプトのヘルメティック(ヘルメス派)的な伝統から来ており、学者ぶった技術的な訓練からではありません。テスラを理解出来ない近代家の無能さは、技術的な複雑性のせいでは無く、神聖な単純さのためだと言えるでしょう。加えて、近代家は特に、数秘学的な形状に表現された時、調和的な宇宙の、ケプラー以前の概念奥深い病理的な軽蔑を持っています。(i.e.科学が宗教化している)テスラの手法に対するこの憎むべき敵意は、軍産複合体でさえもニコラ・テスラの仕事(偉業の使用)を不許可にする程強いものです。ヴァシラトスの「冷戦技術の秘密」の前書きの章を参照してみて下さい。

(14) まとめるに、太古の象徴的なオペレーターの題材は、今日の「相対性理論」の太古の時代における同等です。太古の時代を通してこの地球上に住んだ人間の文化の宇宙において、一般的に太陽は物事の中心と考えられ、主要なそれぞれの天体がその周りを周っていると考えられました。それはヘリオセントリック(太陽中心的・地動説的)と考えられていました。この理解の上に大いなる様々な文化は育ちました。すると紀元2世紀に、誰かが、地球が中心的な相対性の概念を思いつきました。この誰 かとはプトレマイオス(紀元90-168年)です。彼の相対性理論は、全ての天体は地球を中心として相対的に動くと明言し、故に地球が中心的な相対性(天動説)です。この発想から天動説は、天文学を14世紀の間、毒しました。それは過度の修正要素、調整、そしてそれらに類似するものになり、天文学の進歩を不可能な ものにしました。天動説は、(中世)暗黒時代の先駆者的な哲学でした。地球を中心とする相対性は、教会の死罪を伴う法に成りました。(ジョルダーノ・)ブルーノは 地動説を「実施(教育)」したために火刑に処され、ガリレオ(・ガリレイ)はそれぞれの惑星が実際に、太陽の周りを回っている事を発見したために追放されました。コペルニクスの太陽が中心的な哲学は、テスラの哲学が今日、実在主義的な近代家によって禁止されるのと同様の情熱で、その時代には禁止されまし た。幾何学的で、太陽が中心的で、そして関連するピタゴラス的な概念の、ケプラーによる統合によって、もうこれ以上、一般化された天界に存在する単位の形状である、太陽が中心的な太陽系に異論する事は出来ません。

(15)近代の相対性理論と、その自閉症的な子供である量子力学は、プトレマ イオスと、彼に続いた組織・機関(制度)の状況の歴史的アナログ(類似物)です。近代的な相対性理論において、それは今、one over C²(C /光速)が宇宙の中心で、その周りを時間と空間が回っています。修正の要素と、歪められた座標のそれぞれのシステムの泥 沼は、量子神秘主義として知られる精神分裂的な組織(制度/学術)へと発達しました。天動説(地球中心的)を抜きにしても、これは誠に病理的なアンスロポ セントリシティー(人間中心主義)であり、宇宙的な全滅のKurtzwiel特異点へのタビネズミの行進です。それは法則(制度)とされます。

http://chilledvodka.blog.fc2.com/blog-entry-239.html

Advertisements